儲からないことには理由がある

損切りが出来ない

損をする人の一番多いパターンは「損切りが出来ない」これにつきます。「分っているけどなかなか切れないんだよなー」とほとんどの投資家はなげきますが、このあたりは、心構えの問題です。

「負け戦は、早めの撤退」が基本ですが、実際にいざ損切りの決断を迫られると「その時の地合いを考慮して」とか「業績は良いのだから」、「長期で持てば戻るだろう」などと損切りしない理由がいくらでも見つかります。後々、下げ続けて問題が大きくなるケースが多いのですが、5~10%の損で切れない人は、半値になったらなおさら切れません。

先の分らないことは、都合のよい予測、願望が優先されます。また誰でも間違いを認める決断は、嫌いです。可能性があるなら待ちたいと思ってしまいます。何度も繰り返してしまう「しこり株の保有は本人の性格、心の問題」もありますが、一番の問題は、売り決断の確固たる根拠とルールが無いことです。つまり予想が逆になった時の対処法を持ち合わせていないのです。

損ばかりの人は、儲けは小さく、損はたっぷりとなるケースが多いのですが、例えば、複数の銘柄を保有している場合、利が出ている銘柄をすぐに売り、評価損の銘柄を持続するという人をよく見かけます。強い銘柄を残し、弱い銘柄は早めに決済するのが勝ち組のやり方です。

高値がどこまであるかは、誰もわかりませんが、トレンドの状態は、いつでも分ります。上昇トレンドに乗っているなら「曲がるまでトレンドに乗っている」ことが、大きく儲ける秘訣です。

銘柄を人に聞く

損するタイプで次に多いのが、「何かいい銘柄ないの?と聞く人」です。儲けるためには、ある程度の必要経費が掛かることは、皆様ご存知のはずと思いますが、必要経費も「楽な必要経費」と「楽でない必要経費」があります。

楽なのは、投資顧問などで銘柄を教えてもらって、指示通りに売買する、売買の判断を他人にゆだねる方法です。楽でないのは、チャートソフトにお金を使う方法です。

投資顧問は、「お金を払えば儲けさせてくれるもの」というのが、一般的な解釈です。しかし、チャートソフトは、お金を払うだけでは、儲かりません。チャートソフトは、「勉強する」という地味でめんどうな作業が、どんなソフトでもある程度は、必要になります。

時間が無いとか忙しいと言う方は、いつでも同じことを言いますが、自分で考えるのが面倒な人なので、元々、チャートソフトより投資顧問向きです。

投資判断の材料は、チャートや業績、ニュース、その時々の市況、の要因は、いろいろありますが「知れば知るほど損をしなくなる」というのが株式投資です。勉強しない人が勉強している人にお金をあげるような世界が株式投資の世界です。チャートを見て「気づくことが多ければ多いほど儲かる」はずです。

損大利少の繰り返し

「損切りする」「他人に銘柄を聞かない」この2つの次に大切なのは、「儲ける時は、大きく儲ける」ということです。損をするパターンで多いのは、「儲けは、いつもほんの少し、損は大きくいつまでも」となるケースです。売った後に大きく上げて悔しい思いをしたことは、誰でも経験済みと思います。

儲けている人は、利益を我慢し、損を我慢しないものです。儲けていても落ち着かない、損をしていれば落ち着かないことに加え、恐怖と後悔の念に支配されます。「儲けは早めに確定して安心したい。損は将来の値上がりに期待して持続したい」と考えてしまうのは、ごく普通の心理です。多くの投資家、つまり負け組の9割はこの「利益は小さく、損は大きく」の状況に陥ります。

仕掛ける時には、損の場合だけ出口を決めてしまった方が楽です。最近は、どこの証券会社でも「逆指値取引」(あらかじめ損失額を決める)が出来ますので、発注と同時に、我慢の水準を決めてしまうのも一つの方法です。その場合は、考えなくても自動的に損切り手仕舞いをしてくれます。

一方、利益が乗っている時は、利益確定のポイントを徐々に上げていく方法もありますが、利益を伸ばす、利益確定を我慢するというのは、確固たる胆力に加え、買い持続の判断の根拠となるテクニカル的な確証が必要です。つまりは、安心して持続するための理由がないと、利益が出ても怖くて持っていられなくなります。

自分が信じる知識やテクニックが無いと下がったらどうしよう。という気持ちに負けてしまいます。結果として利益はすぐに確定させてしまうのです。爪を伸ばす時は伸ばすことが大切です。

どこまで高値があるのかは、増田足でもわかりません。1ヶ月後や半年後の値段を予想するのは、ナンセンスな話で、「高値は相場が決める」としか言いようがありません。
天井は、後からでないと分りません。

手仕舞いの判断基準を明確にし、「こうなったら売る」と決めれば、迷いが無くなります。
増田足は、誰でも簡単に「トレンド転換」や「目先の手仕舞いポイント」が分ります。

次へ 「息の長い勝ち組になるには?」

メールでのお問い合わせ